読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事できない障害

専門用語でいうところの"発達障害"のひとが書いています。

周囲の支えと理解

働き始めてから、はや1年ほど 社会に出ると、自分の順位みたいのがわかるんです 圧倒的に下のほうだということをしみじみ感じています 発達障害は、周囲の支えと理解がないと生きていけないなと痛感しています 「俺様どうよ?スゲーだろ」という人 ときどき…

障害者同士いることは回復につながるのか

私は病院のデイケアというものに行ったことがありません 病院にデイケアがなかったからです それにデイケア自体を知りませんでした 発達障害と知らずに、ひとり悪戦苦闘してバイトをしていました それが功を奏したのか、デイケアというぬるま湯につからずに…

また弱者支援か

今日は用があり、役所を訪れました。 そうしたら、就職困難者向けのサービスが出来上がっていました。 またか それ、ニート支援でさんざん叩かれたでしょ。 今度もまたやるんですか? 職員の職場づくりとしか言いようのない”弱者支援” 相談者が椅子に座って…

ひょっとすると周りが変な奴に囲まれているのではないか

題名の通り、障害者は変な奴に囲まれながら生活しているのではないでしょうか。 変な親 変な職員 変な先生 変な役所の人 変な障害者 などなど 特別支援校も問題ある教師の姥捨て山として機能していると聞きますし、 多くの会社では障害者雇用は一人に任せっ…

悔しいと挫折感と無念

周りの最大限の配慮をもってしても、普通の人の半分という実力 自分のふがいなさと同時に、周りの障害者も見てきた 作業所、訓練施設、職場 やはり、劣っている 何もかもが劣っているのである 障害者は劣っている存在なのだ もちろん誰もそんなことを言うわ…

だんだん暖かくなり、日が出るのも早くなってきました。 いまだに障害者を使った付け狙いは続いています。 周りの配慮がありつつも、この程度なのかという低レベルな次元 これを否が応でも受け入れざるを得ません。

東京にまで行ってきました

東京にまで行ってきました。 前までは、とてもではないけれどいけませんでした。 ただ帰ってきたときに疲労が出てしまいました。 まだまだだなと思っています。 原因はわかっています 家のこと 誤診による影響 福祉施設の執拗な嫌がらせ これがミックスされ…

圧倒的に低い発達障害者

発達障害者である自分を客観的に見て、圧倒的に何をやらせても健常者以下の出来であることを再認識した 今までは、福祉施設など周りが障害者ばかりの環境で見えなかったのですが、 健常者と障害者が並んで同じことをすると圧倒的な差が出てきます 毎日毎日、…

理由にはわけがある。答えようと思えばこたえられる

理由にはわけがあります。 発達障害で、理解不能なことも言葉にしてだせばきちんと説明はできます。 でも、聞いてはくれません。 うるさい 言い訳をするな お前が悪い という理由も聞かずの中世ヨーロッパの魔女狩りのような支援員がいるからです。 例えば、…

働いてみてわかったこと

働いてみてわかったことは、自分の実力の客観視です。 圧倒的に低い。 よく7割思考というのがあります。 完璧でなくていい、7割ぐらいがちょうどいいという思想です。 ただでさえ低いのにその低いところに7割思考だったら余計低くなるだろうと。 それと障…

このブログをどうしようか?

このブログをどうしようかなと迷っています。 消し去ってしまうことは、退会ボタンを押せば済むことです。 今年になってからほとんど更新もしなくなりましたし。 理由は、仕事のほうでてんやわんやで、更新する暇がないからです。 普通の人がいとも簡単にで…

今更ながら栗原類と金スマ

発達障害をカミングアウトした栗原類さんとピアニストの野田さんの回でした。 反応をみますと、 「恵まれている」 「運がよかった」 なんですね。 確かに、アメリカにいったり、普通の家にピアノはないだろうというのはあります。 なんかこういう発達障害を…

すぐわかる発達障害の特性-発達障害「あるある」2012

youtu.be

障害者には厳しく、同業者には甘い体質

http://www.data-max.co.jp/270929_dm1315/ 2015年10月より障がい福祉サービスの報酬が改定される。障がい者支援施設を運営する事業者には非常に深刻な事態となるようだ。改定は多岐にわたるが、就労継続支援A型事業所(以降、A型事業所)について言えば、…

右派と左派

CM

日本の政治にご関心のある方のブログは、右派と左派に分かれています。 右派は、朝日新聞批判、左派批判、デモ批判 左派は、自民批判、右派批判、原発批判 どちらにつこうが、結局のところ下っ端として利用されるだけです。 それよりも、 福祉に政治思想を持…

根本にある会社不信

根本に会社に対する不信感があることです。 これは働いている会社の事ではなく、会社全体に言えることです。 障害者になったとたんに切り捨てる会社 社員にすると言いつつ、結局させない会社 上の都合で自己都合退社にさせる会社 助成金が切れたらおしまいの…

画期的な仕組みというよりも囲い込みの就労移行

最近、はやりの農業での障害者雇用。 これをプロデュースするAという農業系就労移行支援事業所。 A事業所はまず、就職できますの触れ込みで障害者を集め、訓練をする。 そしてB社に就職させる。 B社は障害者部門と称してA事業所の畑の一部を借り入れ、そこに…

身体障害者と発達障害者の指導の違い

理学療法士や作業療法士といった方々の指導ではなく、一般人(健常者)からの指導で身体障害者と発達障害者とでは違いがあります。 車椅子の方に、「車椅子なんか乗ってないで、自分の足で歩いて」と指導されることはありませんし、誰もそういう発想にはなり…

おかしな身体障害者

手や足は不自由だけれど頭は健全な身体障害者 頭の不自由な知的障害者と精神障害者 たぶん世間の見方はこうだと思われます。 だけれどですね、実際身体障害者に接してみると、意外とおかしい人多いですよ。 頭と体はくっついているので、体の不調が脳に影響…

障害者雇用には期待しないほうがいい

これから初めて障害者雇用を目指している人にとっては水を差すようなことなのですが、障害者雇用にはあまり期待しないほうがいいです。 会社には法定雇用率というのがあります。 民間企業では従業員の2%の障害者を雇わなくてはなりません。 義務ですがほと…

もったいないなと思う時

小室哲哉やホリエモンなんかは、もう一度あの時のように復活してほしいなと思う。 あれだけのことを成し遂げたのだから、このままポシャッてほしくはないと同時に、日本の異物排除の構図を見てしまう。 吐出した才能よりも、可もなく不可もない平凡人のほう…

絶望人生 障害者の寿命

ご自分の障害名と寿命もしくは平均余命で検索してみたことがあるでしょうか。 障害者全体では10~20年ほど健常者よりも平均寿命は短いそうです。 発達障害の平均寿命は聞いたことはありませんが、統合失調症は60歳前後だそうです。 脳にダイレクトに効くよう…

残すはあと1か月

CM

残すはあと一か月になりました。 大掃除も疲れて手を付けていません。 一日が48時間あればいいのになと思っています。 今年は就職できただけでも万々歳ではないでしょうか。 ネタが思いつかないのは疲れている証拠だと思います。 まだまだ書いておかないとい…

終わらない精神病

結婚したら女性は精神病から解放されるという幻想。 結婚さえすれば、男性の扶養に入れる。 しかし今は男性の稼ぎだけでは生活できない時代。 共稼ぎも増えています。 そして何より、夫側の父母が高齢化してきた時に嫁に面倒を見てもらおうとする算段が崩れ…

吃音

私は、吃音(どもり)というのをほとんど知らないのです。 裸の大将のドラマに出てくる山下清のしゃべりがそうなのかなと思ってるくらいです。 実際に吃音者の動画を見てみますと、そんなに変じゃないんです。 緊張してるのかな?という程度しか思いません。…

今更ながら24時間テレビ

CM

毎年、夏に恒例の日本テレビ「24時間テレビ」やってます。 黄色いTシャツ着て、障害者にチャレンジさせる番組です。 matome.naver.jp 近年、批判が高まってきました。 ・チャリティなのに、芸能人が高額ギャラ ・障害者に無理強いをさせ、感動の押し売りをさ…

「外見では分からない」ことの悩み 働く精神障害者“5年で3倍” - Yahoo!ニュース

news.yahoo.co.jp 上記の動画で登場してくる一人目の男性 生花店で働く50代男性。 統合失調症で精神手帳3級 以前の客室清掃で13部屋のうち11部屋はクリアできるが残り2部屋ができない 3級ですと軽度の部類になります。 13部屋のノルマのうち11部屋はできた…

反抗挑戦性障害(ODD)と発達障害

普段はお目にかかれない学術論文の中には、かなり差別的なものも含まれております。 そのひとつが、反抗挑戦性障害(ODD)と発達障害の関連性に関するものです。 検索してみると、その文章の中に「暴力性」「残虐」などの言葉がいくつも登場してきます。 しか…

障害者のリアル 性風俗で働く障害者

障害者福祉に対する本ですね、よく図書館に置かれているような本ですと、美辞麗句や感動ものって多いですよね。 そんな中でも異彩を放っているのが、山本譲司著の「累犯障害者」と「獄窓記」ではないでしょうか。 きれいごとよりも社会の下層で生きざるを得…

会社での情報が筒抜けですよ

障害者雇用は離職率が高いことは以前のブログでも書きました。 実は、支援機関が退職した会社に勤務態度や辞め方がどうであったか調査が入っているということをご存知の方は少ないです。 え?そんなの守秘義務じゃないですか 個人情報保護があるでしょ とお…

発達障害になりたい症候群

発達障害になりたい人が多いようです。 これは以前に投稿したことでもあります。 ビルゲイツやエジソンも発達障害であったということで、どこかしら自分もそういう人になぞらえてみたいのかもしれません。 しかし本当になりたいですか? そのほとんどが定職…

衛星サイトと精神障害者雇用の頭打ち

最近、障害者就労、特に就労移行関連の衛星サイトを見かけるようになりました。 衛星サイトとはなんぞやといえば、本サイトにつなげるためのサイトです。 つまり検索で引っかかりそうにSEO対策をしているサイトを載せておくわけです。 そこから本命のサイト…

ボランティアも、もう終わりか

CM

ボランティアをやっているのですが、体調不良により最近はめっきりいかなくなりました。 心身ともに余裕がないとできないですね。 120%の力を出せるのなら、その余分な20%をボランティアに分け与える余裕のある人がやるものなのです。 そのボランティアも…

小さい子供を見る目線が親目線

CM

昔は、子供を見るとうるさくて仕方がなかったです。 走り回るし、うるさいし、どっかいなくなれと思っていました。 でも、最近小さい子を見ると、自分もこれくらいの子供がいてもおかしくはないと思うようになり、親目線になってきました。 高校の頃は、普通…

あきらめの発達障害

先天性の障害が発達障害で、後天性の障害が精神障害。 この差は非常に大きいです。 精神障害ならば、発症するまでは健常者として生活を営んでいたのでしょうが、発達障害は生まれつき。 生まれた直後に ”負け組” 決定! 勝ったとか、成功体験がひとつもない…

目つきに現れる発達障害

軽度知的および精神障害や発達障害は、外見上分からないと大抵は書いてあります。 それは障害者と接する機会の乏しい一般人から見たらそうでしょう。 しかし、長い間障害者といると、たいていは見ただけで、何らかの障害を抱えているなというのは分かります…

思い出し怒り

思い出し笑いというのがあります。 前にあった面白いことを思い出して笑ってしまうことです。 ごくごく普通のことです。 それとは反対に、思い出し怒りというのがありました。 あのときなぜ言い返せなかったんだろう。 あのときこういう行動をとっていれば舐…

精神障害者と発達障害者の違い

私が施設に入ったころ、その施設では知的障害者と精神障害者を一緒にしていました。 おそらくどちらも同じ頭の障害ということで変わりはないだろうとの判断だと思います。 しかし、やっているうちに知的障害と精神障害は何か違うのではと感じ始めて、別々に…

はじめっから厄介者の障害者雇用

障害者を採用する場合、社内で調整が行われます。 人事部:これから障害者を採用したいと思います。営業部に受け入れを 営業部:うちは人いっぱいだから駄目 人事部:それでは製造部は 製造部:仕事難しいから駄目だよ 人事部:では企画部は 企画部:なんで…

ほとんど知られていない”施設病”

知的障害者、精神障害者の言動が何かおかしいというのは、ある程度了承済みであると思われます。 しかし、身体障害者に言動がおかしい人がいるということはあまり知られていないです。 身体障害者は、体は不自由だが頭は正常と思われているからです。 でも、…

発達障害のレベル

発達障害のレベルといえば、有名大学を出たものの人間関係がうまく構築できずにいるというイメージが大きいように思えます。 しかし、学校中退、アルバイト、作業所通いしている方のほうが多いのではないでしょうか。 私が言われたことのひとつでもあるので…

こころの時代

CM

あれはいつだっただろうか。 たぶんバブルが崩壊し、平成になったころからだと思う。 モノやカネが人を豊かにさせたが、何かを失ってしまった。 モノやカネが人心を荒廃させる。 失われた10年は、いまや失われた30年目になろうとしています。 その間にバ…

障害者枠での就職を勧めることはできるのか

発達障害の就職には、大きく分けて2つのパターンがあります。 一般枠・・・障害は会社に伝えずに仕事をすること、別名クローズ 障害者枠・・障害を会社に伝えて仕事をすること、別名オープン ここでは障害枠で話を進めていきます。 手当が出ていないなどの…

被害者の匿名は差別 【相模原殺傷事件】

http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/14277 以下、引用です。 しかし神奈川県警が事前に保護者へ匿名にするか聞いたのは、障害者への差別的意識があるからではないでしょうか。通常の事件だとわざわざ確認しないでしょう。障害者はかわいそうな存在とい…

毒親ならぬ変親

毒親なる言葉があります。 定義を見てみましても、ちょっと違う。 毒親ならぬ変親なんです。 なにかが変。 他の家と違っている。 変親 まだそんな言葉もないのですが、かつてのエントリーでも書きましたように、親に問題がある場合は多いのではないでしょう…

鼻持ちならない精神障害者の集まり

精神障害者同士の集まりがあります。 中世高級貴族の如く、あれやこれやインテリぶって精神医学や精神福祉、政治や社会情勢を語る場です。 サロンですね。 いかに自分が物知りかをひけらかしたいだけの会合です。 それと一番鼻持ちならないのは、自分より格…

就労移行の就職者会

就労移行で就職者会があります。 気分転換に一緒に訓練した仲間と集える時です。 障害者就職で、しかも非正規じゃ会社の社員会にも呼ばれないだろうから、せめてうちらでというご高配であります。 この世の中に、忘年会や社員だけのパーティがあるなんて知ら…

心霊写真

CM

何かがおかしい。

ADHDは女っぽい

ADHDの男女比を見てみました。 半々とするもの。 4:1で男のほうが優位なものなどあります。 男性でADHDであるという人を何人も見たことがないのですが、なんか女性っぽい感じがします。 アスペルガーは、電車や車に関心が強い人が多いので男性っぽいのは分…

ビジネスマナー本が通用しない職場

仕事中のあいさつに、「お疲れ様です」というのがあります。 ビジネスマナー本に書かれているものです。 かつて、これを実践してみたことがあるんですよ。 何々、こんなことを真似すればいいのかと、マナー本を読んで実践に臨んでみたわけです。 そうしたら…