読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事できない障害

専門用語でいうところの"発達障害"のひとが書いています。

仕事ができない

悔しいと挫折感と無念

周りの最大限の配慮をもってしても、普通の人の半分という実力 自分のふがいなさと同時に、周りの障害者も見てきた 作業所、訓練施設、職場 やはり、劣っている 何もかもが劣っているのである 障害者は劣っている存在なのだ もちろん誰もそんなことを言うわ…

働いてみてわかったこと

働いてみてわかったことは、自分の実力の客観視です。 圧倒的に低い。 よく7割思考というのがあります。 完璧でなくていい、7割ぐらいがちょうどいいという思想です。 ただでさえ低いのにその低いところに7割思考だったら余計低くなるだろうと。 それと障…

このブログをどうしようか?

このブログをどうしようかなと迷っています。 消し去ってしまうことは、退会ボタンを押せば済むことです。 今年になってからほとんど更新もしなくなりましたし。 理由は、仕事のほうでてんやわんやで、更新する暇がないからです。 普通の人がいとも簡単にで…

障害者雇用には期待しないほうがいい

これから初めて障害者雇用を目指している人にとっては水を差すようなことなのですが、障害者雇用にはあまり期待しないほうがいいです。 会社には法定雇用率というのがあります。 民間企業では従業員の2%の障害者を雇わなくてはなりません。 義務ですがほと…

もったいないなと思う時

小室哲哉やホリエモンなんかは、もう一度あの時のように復活してほしいなと思う。 あれだけのことを成し遂げたのだから、このままポシャッてほしくはないと同時に、日本の異物排除の構図を見てしまう。 吐出した才能よりも、可もなく不可もない平凡人のほう…

絶望人生 障害者の寿命

ご自分の障害名と寿命もしくは平均余命で検索してみたことがあるでしょうか。 障害者全体では10~20年ほど健常者よりも平均寿命は短いそうです。 発達障害の平均寿命は聞いたことはありませんが、統合失調症は60歳前後だそうです。 脳にダイレクトに効くよう…

ビジネスマナー本が通用しない職場

仕事中のあいさつに、「お疲れ様です」というのがあります。 ビジネスマナー本に書かれているものです。 かつて、これを実践してみたことがあるんですよ。 何々、こんなことを真似すればいいのかと、マナー本を読んで実践に臨んでみたわけです。 そうしたら…

殺伐とした職場

かつて経験した職場は、どこも殺伐としていました。 労働というよりも苦役というにふさわしい雰囲気が出ていました。 お互いに、これ以上関わるなというオーラが出ていました。 こっちを見ないでくれ。 関わりたくない。 そんなオーラです。 やる気のない、…

ほうれんそう

ほうれん草ではなく、ほうれんそう。 ほう=報告 れん=連絡 そう=相談 略して、ほうれんそう。 ほうれんそうしろ、ほうれんそうしろと言われても、ほうれんそうができないんじゃなく、ほうれんそうを知りませんでした。

仕事ができない

ブログのタイトルは「仕事ができない」ですよね。 でも、肝心の仕事ができない内容の書き込みがなかったです。 ■メモを取ってもイレギュラーに対応できない メモを取ってマニュアル化を図るんですが、必ずと言っていいほどイレギュラーが発生するんですよ。…