読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事できない障害

専門用語でいうところの"発達障害"のひとが書いています。

就活

根本にある会社不信

根本に会社に対する不信感があることです。 これは働いている会社の事ではなく、会社全体に言えることです。 障害者になったとたんに切り捨てる会社 社員にすると言いつつ、結局させない会社 上の都合で自己都合退社にさせる会社 助成金が切れたらおしまいの…

「外見では分からない」ことの悩み 働く精神障害者“5年で3倍” - Yahoo!ニュース

news.yahoo.co.jp 上記の動画で登場してくる一人目の男性 生花店で働く50代男性。 統合失調症で精神手帳3級 以前の客室清掃で13部屋のうち11部屋はクリアできるが残り2部屋ができない 3級ですと軽度の部類になります。 13部屋のノルマのうち11部屋はできた…

会社での情報が筒抜けですよ

障害者雇用は離職率が高いことは以前のブログでも書きました。 実は、支援機関が退職した会社に勤務態度や辞め方がどうであったか調査が入っているということをご存知の方は少ないです。 え?そんなの守秘義務じゃないですか 個人情報保護があるでしょ とお…

はじめっから厄介者の障害者雇用

障害者を採用する場合、社内で調整が行われます。 人事部:これから障害者を採用したいと思います。営業部に受け入れを 営業部:うちは人いっぱいだから駄目 人事部:それでは製造部は 製造部:仕事難しいから駄目だよ 人事部:では企画部は 企画部:なんで…

障害者枠での就職を勧めることはできるのか

発達障害の就職には、大きく分けて2つのパターンがあります。 一般枠・・・障害は会社に伝えずに仕事をすること、別名クローズ 障害者枠・・障害を会社に伝えて仕事をすること、別名オープン ここでは障害枠で話を進めていきます。 手当が出ていないなどの…

できる人ばかりが障害者雇用ではない

精神障害者の就労率は依然として低いです。 かなり古いデータですが、知的、精神では常時雇用よりも作業所にいる人が多いです。 平成18年に障害者自立支援法ができ、精神障害者も雇った場合、法定雇用率にカウントできるようになったので、まだ低いままのデ…

発達障害の障害者枠での雇用状況

今回は発達障害での障害者枠における雇用状況をざっとではありますが見ていきたいと思います。発達障害の場合、障害者手帳は養育手帳*1か精神障害者手帳*2になると思いますが、今回は精神障害者手帳を取得しての就活状況として書いております。 上記のグラフ…

別次元の就職活動

http://oreno-yuigon.hatenablog.com/entry/2016/10/19/230835 まずは上のURLに飛んで一読してもらいたいです。 まるで別次元の就職活動のお話です。 「え?就活ってハローワークですんじゃないの?」 「駅前の無料冊子を読んでTellすんじゃないの?」 聞い…