読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事できない障害

専門用語でいうところの"発達障害"のひとが書いています。

できる人ばかりが障害者雇用ではない

 

精神障害者の就労率は依然として低いです。

 

f:id:adhdnohito:20161109182648g:plain

f:id:adhdnohito:20161109182653g:plain

f:id:adhdnohito:20161109182700g:plain

 

かなり古いデータですが、知的、精神では常時雇用よりも作業所にいる人が多いです。

平成18年に障害者自立支援法ができ、精神障害者も雇った場合、法定雇用率にカウントできるようになったので、まだ低いままのデータのようです。

それでも身体に比べるとまだまだです。

 

それ以前といえば、精神障害者は働けないから作業所でも行ってろが相場でした。

 

平成18年の障害者自立支援法から、障害者の皆さん、遊んでないで働いてくださいが強化されたのです。背景には国や自治体が障害者を遊ばせておく余裕がなくなったのが主因だと思います。

この年以降、自立支援医療は2倍になり、自治体のデイケアも次々と廃止されていきます。

自立支援医療は自治体によっては無料の所もあり、それが病院の収入源でもありました。それが公費を圧迫し始めたため、就労という形になったのです。

 

つまり、無職の障害者が日中やることもないと、病院や福祉施設を使ってしまうので公費が足りなくなる。ただでさえ金食い虫の異名をとる福祉に予算は使いたくないので、障害者の皆さんも日中はそんなところに行かずに働いてくださいとなったのです。

障害者の自立や社会参加は表向きで、実際の行政の思惑はここにあると思います。

 

こうして働こうブームは就労移行ブームによって支えられました。

今までは身体障害者技術校知的障害者は就業生活センターとあったのですが、精神だけはなかったのです。そこに就労移行が入ってきて精神障害者を取り込んでいったわけです。

 

あれやこれやで、行政も精神障害者も働けています」を強調してきたわけですが、できる人ばかりが働いているわけではありません。

 

どうしても冊子やDVDだと、できる人ばかり(あるいはできるようにデフォルメされている)映ってしまうんです。

 

いやいや、それはないだろーというのも実際はありますし、小さいことをあたかもでかく表現しているのもあります。

 

作っているほうとしては、それでやる気を出して欲しいと思っているのでしょうが、実は反対にやる気をそいでいることをわかっていないと思われます。

 

あの人たちは特殊なんだ

選ばれた人たちであり、私には関係のないこと

 

と取っちゃってる障害者もいるんですよ。

 

あくまで非障害者向けに、障害者も頑張ればできるんですを言いたいだけなんで、ツクリとして参考までにしとけばいいのです。

 

できない障害者のほうが圧倒的に多いですから、心配ご無用。

私もそのうちの一人です。

そんな奴でも就職できるんだ程度に考えたほうがいいです。

 

なんでも統合失調症やうつの場合、予後不良は女性のほうがいいそうです。

女性の場合、パートでもいいや、就職よりも今は料理教室に通いたいというのが許されてしまう社会。男女平等なんて謳っていますけれど、ぬるめの社会参加が許されるんです。でも男性の場合は週5日、8時間労働に縛られているんです。

結局ここで駄目になってしまう。

いきなりの週5日は無理でしょ。

だけれど、不勉強な周囲が認めないんです。男は仕事だってなってしまって。

しかも仕事は厳しいだの言われ続けるのですから、余計プレッシャーをかけているのです。就労のハードルをあげているのは、実は就労支援員だったりもするのです。

 

ぬるめの社会参加から、徐々にハードルを上げていくのがいいと思います。

それに誰しもができる人ばかりではありません。

できない人のほうが圧倒的に多いのが障害者雇用なのです。