読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事できない障害

専門用語でいうところの"発達障害"のひとが書いています。

障害者枠での就職を勧めることはできるのか

就活

 

発達障害の就職には、大きく分けて2つのパターンがあります。

 

一般枠・・・障害は会社に伝えずに仕事をすること、別名クローズ

障害者枠・・障害を会社に伝えて仕事をすること、別名オープン

 

ここでは障害枠で話を進めていきます。

 

手当が出ていないなどの理由により、働かざるを得ない場合、障害者枠を使ってでも就職することは有意義だと思います。

 

ただし、喫緊に迫った理由がなければ、障害者枠でも働くのはお勧めはできないです。

 

その理由は、必ず再発や調子を崩すからです。

 

発達障害でも二次障害にかかってらっしゃる方、精神障害者の方々の大半は就職して調子を崩しております。

客観的なデータは存在しないものの、見てきたほとんどの方がそうでした。

 

就業生活センターも就労移行も、就職させようとしますが、就職した後、調子が優れなくなっても、何も面倒は見てくれません。

それを考えれば、安易に人にはお勧めはできません。

 

調子を崩したとき、どうするのかシュミレーションしておくのがいいと思います。