読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事できない障害

専門用語でいうところの"発達障害"のひとが書いています。

こころの時代

CM

 

あれはいつだっただろうか。

たぶんバブルが崩壊し、平成になったころからだと思う。

 

モノやカネが人を豊かにさせたが、何かを失ってしまった。

モノやカネが人心を荒廃させる。

 

失われた10年は、いまや失われた30年目になろうとしています。

その間にバブル時代のモノやカネ至上主義に対するアンチテーゼが広まりました。

そして、

 

駅前に乱立する精神科という名前をやわらかくしたメンタルクリニック

高額な料金を請求するカウンセリング

なんらた療法という効きもしないような民間療法

 

 こういうものがいたるところで見受けられるようになりました。

そのほどんどが高額であったり、一向に良くならずにダラダラと続けさせているだけです。

 

これが本当に、こころの時代なのでしょうか?