読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事できない障害

専門用語でいうところの"発達障害"のひとが書いています。

目つきに現れる発達障害

発達障害

 

軽度知的および精神障害発達障害は、外見上分からないと大抵は書いてあります。

それは障害者と接する機会の乏しい一般人から見たらそうでしょう。

 

しかし、長い間障害者といると、たいていは見ただけで、何らかの障害を抱えているなというのは分かります。

 

年齢の割に白髪が多い

肌が荒れている(女性に多い)

服装が地味目

デジタル時計を身に着けている(知的障害者に多い

アニメグッツを身に着けている

髪の毛をまばらに染めている(精神障害

どことなく不気味

など、独特の様相をしております。

 

そのなかでも共通しているのが、目つきです。

 

暗く、ぼんやりした目

眼光鋭い

ぎょろっとしている(主に統合失調症

斜視である

 

このいづれかに入る場合が多いです。特に斜視の場合は高確率でなんらかの障害を抱えているケースがあります。

 

医学的な根拠はないのですが、目に現れてきます。