読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事できない障害

専門用語でいうところの"発達障害"のひとが書いています。

身体障害者と発達障害者の指導の違い

発達障害

 

理学療法士作業療法士といった方々の指導ではなく、一般人(健常者)からの指導で身体障害者発達障害者とでは違いがあります。

 

車椅子の方に、「車椅子なんか乗ってないで、自分の足で歩いて」と指導されることはありませんし、誰もそういう発想にはなりにくいものです。

 

しかし、発達障害では、「コミュニケーションをとって」と指導されます。

コミュニケーションの障害なのに、障害に逆らった指導をされるのです。

 

同じ出来ないでも、身体障害者発達障害者ではできないことに対する対応が異なってくるのです。

 

苦手なものをやれと指導される指導方法なんです。

 

努力や根性で直せという指導方法なんですね。

努力や根性でも直せないから障害者なんです。

そこが根本的に違う指導方法なのです。