読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事できない障害

専門用語でいうところの"発達障害"のひとが書いています。

画期的な仕組みというよりも囲い込みの就労移行

 

最近、はやりの農業での障害者雇用。

 

これをプロデュースするAという農業系就労移行支援事業所。

A事業所はまず、就職できますの触れ込みで障害者を集め、訓練をする。

 

そしてB社に就職させる。

B社は障害者部門と称してA事業所の畑の一部を借り入れ、そこに就職した障害者を配属させる。

 

そうするとB社は障害者を採用したということとなり、法定雇用率や助成金が達成される

 

同時に、B社に障害者を籍だけ置くことで目障りな障害者を出社させずに、A事業所から借り上げた畑で働かせることができる。

 

助成金が切れれば、またA事業所で訓練して、次のC社に送り込むことができる。

 

会社としては障害者と一緒に仕事などしたくはないのでA事業所に預けておくことができる仕組みです。

 

受け取った助成金はA事業所にも流れていると思います。

 

うまいこと考えたなと思います。