読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事できない障害

専門用語でいうところの"発達障害"のひとが書いています。

圧倒的に低い発達障害者

発達障害

発達障害者である自分を客観的に見て、圧倒的に何をやらせても健常者以下の出来であることを再認識した

 

今までは、福祉施設など周りが障害者ばかりの環境で見えなかったのですが、

健常者と障害者が並んで同じことをすると圧倒的な差が出てきます

 

毎日毎日、同じ量を同じ質でこなせる健常者

テキパキ度が段違い

早いし正確

それになぜ毎日同じアウトプットができうるのだろうか?

 

健常者も遠慮して公に、障害者は能力的に低いとは言いづらい

ましてや福祉関係者などは尚更である

 

私だけでなくほかの障害者を見ていても感じます。

 

残念ではありますが、障害者の能力は健常者以下であります

これは好き嫌いではなく、認めざるを得ない事実であると思います

 

このブログでは仕事をメインに書いてまいりましたが、仕事をなさってない方は仕事の部分を家事に変えてみて読んでいただければ幸いです。